選挙が近いので思うコト。

今週末は、いよいよ衆院選の選挙。

選挙時に限らず、政治家をやり玉にあげて、いろいろ批判する人がいる。

もちろん、政策に対する批判はあって然るべきだし、そういう人達がいないと困る。

ただ、代替案は持っているのだろうか?

また、その案をもって自分は政治活動をする勇気はあるのだろうか?

政治以外でもそうだ。

スポーツ選手に野次を飛ばす人、タレントにケチつける人…。

目立つことをしてれいれば、もちろん叩かれるのは仕方ないことだし、覚悟が必要になる。

だけどこれだけは確かだ。

覚悟決めて体を張って生きている人たちは、それだけで輝いている。

それだけで強い。

少なくとも人前で顔を晒すことも、発言することもしない、痛くもかゆくもない所に居るだけの人たちにとやかく言う資格はないと思う。

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です